よくあるご質問

宿泊予約について

どのように予約したら良いですか?

【旅館】のご宿泊予約は、インターネット( 当館HP / 各予約サイト様 )及び お電話にて承っております。割引クーポンや各種ポイント等を含めない場合、当HPからの直接予約がベストレート(最安値)となっております。また、HPのみ掲載のお部屋もございますので是非ご覧ください。

また【湯治部】のご予約は現在お電話でのみ承っております。

支払いにクレジットカード、宿泊ギフト券等は利用可能ですか?

【旅館】ご宿泊のお客様は、現金のほか【VISA】【マスター】のクレジットカードがご利用頂けます(JCB/AMEX/DINERS 他はご利用頂けません)

ただし一部ご予約サイト様にて【現地現(金)払いプラン】など現金でのお支払い限定プランがございます。プラン内容を事前によくご確認ください。また、JR・JTB様など各旅行会社様の宿泊ギフト券、びゅう商品券等は当館での直接のご利用はできません。各旅行会社様の窓口にてご予約・ご利用ください。

【湯治部】ご宿泊のお客様は、現金での前払い精算のみにて承っております。

キャンセルの場合はどのようにしたら良いですか?

当館HPからの場合は こちら からご予約の変更・お取消しが可能です。お電話にてご予約の場合はお手数ですが当館までお電話ください。

じゃらん・楽天等のOTA(Online Travel Agent)/各旅行会社様からご予約の場合は、各サイト・会社様の管理画面や窓口からキャンセル頂く必要がございます。操作方法やご不明点等は各サイト・旅行会社様のサポート窓口へお問い合せください。

また、宿泊日に近い場合、以下のキャンセル料を頂戴いたします(【旅館】【湯治部】共通)

不泊
当日
前日
18:00以降

18:00以前
2日前
3日前
4~7日前
個人1~9名まで100%100%100%50%30%30%
団体10名以上 または
5部屋以上
100%100%100%80%50%50%20%

※同一宿泊者による実際には宿泊する意思がない多数の宿泊申込が確認された場合、宿泊約款に基き宿泊予約の締結を拒否させて頂く場合がございます(多数の日付/客室に対する明らかな仮押さえ予約・キャンセル等が繰り返し認められた場合など)

子供は泊まれますか? また、料金はどのようになりますか?

大人の方とご一緒であればお子様でもご宿泊可能です。小学生以下のお子様は下記お子様料金が適用されます。

【お子様料金 (旅館)】

対象年齢提供内容料金
小学生(6歳~12歳未満)大人に準じる食事(品数減)と寝具大人料金の70%
子供用の食事(お子様ランチ)と寝具大人料金の50%
幼児(2歳~6歳未満)寝具のみ大人料金の30%
寝具及び食事提供なし施設使用料1,500円 + 消費税

【お子様料金 (湯治部)】

対象年齢提供内容料金
小学生(6歳~12歳未満)寝具のみ(大人の方と同様)大人料金の50%

チェックイン・チェックアウト時間を教えてください

チェックインは 15:00、チェックアウトは 10:00 となっております(【旅館】【湯治部】共通)

事前に荷物を送りたいのですが?

送り状に『①宿泊先(【旅館】 or 【湯治部】)』『②ご宿泊日』『③ご予約者名』の3点を必ず明記のうえ下記住所までお送りください

〒018-5141 秋田県鹿角市八幡平熊沢国有林内 後生掛温泉 ( TEL : 0186-31-2221 )

※団体/グループでのご予約で個々人が郵送する場合、必ず予約団体名または代表者名を明記ください

【湯治部】料金表の休前日・特定日について教えてください

通常、平日は月~金および日曜、休前日は土曜が該当します。ただし、連休の場合、最終日を除き休前日扱いとなります。

特定日とは年末年始・GW・お盆・紅葉期が該当します。

 2022年 湯治部特定日: 4/29 ~ 5/5 、8/11~8/14 、10/1~10/22 、12/29~翌1/3

冬季も営業していますか?

当館は通年営業となっております。

ペットと一緒に宿泊できますか?

申し訳ございませんが当館ではペットと一緒でのご利用はできません。

客室・館内外設備について

喫煙可能な客室はありますか?

2020年6月より所定の喫煙所を除き、全館禁煙(加熱式たばこ・電子たばこ等類似品を含む)となっております。

喫煙場所は旅館玄関脇、旅館食事会場脇(食事時間帯のみ)、湯治棟の3箇所にございます。また、館内でのたばこの販売は行っておりませんので事前にお買い求めのうえご来館ください。

インターネット環境はありますか?

【旅館】については館内Wi-Fiがご利用可能です。

【湯治部】については現状Wi-Fiはご利用頂けません。また、回線帯域等の関係から湯治部ご宿泊のお客様が旅館用Wi-Fiをご利用頂くことはお断りさせて頂いております。スマートフォン等のテザリングやモバイルルータ等をご持参・ご利用ください。

※湯治棟のWi-Fiは旅館と合わせ整備を実施致しましたが、低地に立地している事もありオンドル蒸気や温泉硫黄成分の影響をより強く受け、最短1か月程度での機器故障が繰り返し発生した為、環境的に不向きであると判断し当面のあいだ再整備を見合わせております。予めご了承ください。

電子機器・電化製品の利用に問題はありませんか?

当館は隣接の源泉や後生掛自然研究路など付近一帯の火山活動による硫黄成分により、TV・冷蔵庫・洗濯機からパソコン、スマートフォン等まで幅広い電子・電気機器が壊れやすい環境です。特に湯治部はオンドルに利用する蒸気や、旅館よりも低地に立地しているため影響が顕著です。

数日~1週間程度の滞在であればほとんどの場合問題ございませんが、長期滞在される場合は、例えば未利用時は必ず密閉できるケースやバッグに収納するなど対策を行っているお客様もいらっしゃいますのでご参考ください。

館内にエレベーターはありますか?

電化製品等と同じく温泉成分による腐食の影響が強いためエレベータが設置できません。また、傾斜地に立地している為、館内移動には階段移動が発生致します。そのため車椅子でのご移動は困難である事を予めご承知おきください。

客室に冷暖房はありますか?

冷房(エアコン)は温泉成分による腐食の影響が強く設置できない為、扇風機等のお貸出しを行っております。標高1000m程度の高地に立地している為、都市・平野部と比較すると過ごしやすく感じられるかとは思います。

暖房については温泉熱を利用した全館床暖房で冬季でも館内は浴衣でお過ごし頂けるよう調整に努めております。ただ、個々のお部屋毎の微調整を行う事が難しい為、補助として電気ストーブのお貸出しやお布団の追加等も行っております。

また、【湯治部】オンドル部屋は天然の地熱・蒸気で通年30℃以上です。体を温める為の温浴施設ですのでその他の冷暖房等はございません。

客室のトイレはウォッシュレットですか?

【旅館】は全室 客室内にトイレ・洗面台を備え、ウォッシュレット付となっております。

【湯治部】は男女別の共同トイレとなります。ウォッシュレット付ではございません。

携帯電話は通じますか?

当館付近ではドコモ、au、ソフトバンクの3社(およびその回線提供を受けているMVNO)がご利用頂けます。

※当館に至るアスピーテライン経路上には一部不通の箇所もございます

お食事について

お部屋で食事をとることはできますか?

お部屋食は行っておりません。特にプランに記述のない限り、ご夕食・ご朝食とも畳敷きの大広間にイス・テーブル席でのご用意となります。プラン内容に「個室スペースでのお食事」等が記載されている場合は各プランに応じたご提供となります。

連泊の場合、料理は前日と同じですか?

お食事は3泊目まで毎日内容が変わります。3泊でひとまわりとなりますので、4泊目は原則1泊目と同じお食事に戻ります。

アレルギーや好き嫌いは対応可能ですか?

例えば甲殻類、青魚、落花生など、単品のアレルギーについては原則対応させて頂きます。仕入等の関係から3日前までにお申し出ください。ただし当館は小旅館の為、アレルギーの方用に調理場を分けることができません。小麦・大豆・乳製品・卵など調味料等にも含まれる可能性のある品目や、対象品目が多岐にわたる場合、混入の可能性が完全には排除できないため対応は出来かねます。お客様の安全を考慮した対応となりますので何卒ご理解頂けますようお願い致します。

また、好き嫌いについては原則対応は行っておりません。申し訳ございませんが何卒ご了承くださいませ。

夕食・朝食時間を教えてください

ご夕食は18:00と18:30のいずれかの開始時間をチェックイン時にお選び頂き、20:00終了。ご朝食は7:30開始、8:30終了となっております。

※ご到着が遅くなった場合、先にお食事をお願いさせて頂いております。予めご了承ください。

※繁忙期・年末年始等、夕朝食時間のご案内が上記と異なる場合がございます。

食事会場に飲み物の持込みはできますか?

原則お持込み頂けません。もしお持込みの場合は1本あたり1,500円(税別)の持込み料を頂いております。ご予約の際、または事前にスタッフまでお申し付け下さい。

温泉について

温泉の色や泉質は?

泉質は弱酸性の単純硫黄泉(硫化水素型)、お湯は泥が多く含まれているため灰白色のにごり湯です。大小浴場ともに源泉かけ流しですが、源泉の温度が90℃前後と高めなため温度調節の加水のみ行っております。

特徴の泥は美肌や全身温湿布作用があると言われ、泥湯として専用の湯舟を設けているほか、泥せっけん・泥パック等のオリジナル商品にも使われております。

[適応症]:神経痛(肩・上肢・下肢・ひざ)、リウマチ、筋肉痛、関節症、五十肩、運動麻痺、慢性消火器病、慢性皮膚病、慢性婦人病、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症、冷え性、心身症、ケガや手術後の療養やリハビリ など

[禁忌症]:急性疾患、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、妊娠中(特に初期と末期)、高齢者の皮膚乾燥症、光線過敏症および皮膚・粘膜が特に過敏な方

※ 泥の成分が多いため飲泉はおすすめしておりません

妊娠中や乳幼児の入浴は問題ありませんか?

妊婦様や乳幼児のお子様もご入浴頂いておりますが、温泉の一般的な禁忌症としてあげられる『妊娠中(とくに初期・末期)』は当温泉にも該当します。また、乳幼児が硫黄泉に入浴した場合に硫化水素による中毒症を起こした事例があるようです。今のところ当館にてそのような事例はございませんが、ご不安な場合は事前に医師の判断を仰いでお越し頂く事をお勧めいたします。

観光・交通

紅葉の時期はいつ頃ですか?

後生掛・大沼の紅葉は9月下旬~10月上旬に色づき始め、例年10月の10日前後が見ごろです。ただし、天候や気温差などの影響によりその年毎に異なりますのであくまで目安としてお考えください。

八幡平全体としては頂上付近が10月頭、徐々に下っていきアスピーテライン入口付近が10月下旬頃です。この期間はアスピーテライン沿いのどこかしらで紅葉をご覧になることができます。

新緑の時期はいつ頃ですか?

5月中旬頃から6月にかけて、冬木立からさわやかな淡い黄緑色に山全体が覆われていきます。朝晩は肌寒い日もありますが梅雨前までは天候も安定しており、実は一年で一番過ごしやすい季節です。最近話題のドラゴンアイ観光と合わせてご旅行を計画されてみてはいかがでしょうか。

降雪時期はいつ頃ですか?

当館は北東北の標高1000mに立地しており、例年10月末~5月のGWまでが降雪期間となっております。この期間はスタッドレスタイヤ(もしくはチェーン携行)でのご来館をおすすめしております。

※例年天候の安定してくる4月下旬~GW頃は好天時はほとんどの場合問題ございませんが、荒天の場合、急な降雪や路面の凍結がございます。特に翌日の日程に余裕のない場合、必ずスタッドレスタイヤのレンタカーをご指定頂くなどの備えをお願い致します。

周辺道路の通行止め等はありますか?

当館へのお車でのご来館は大きく3経路あり、そのうち2経路は晩秋~翌春まで夜間通行止および冬季通行止の期間がございます。ご来館の際はご注意ください。

※詳しくはアクセスページをご参照ください。

バス(マイクロ~大型)は駐車できますか?

【旅館での団体宿泊】のお客様のみバス駐車スペースを確保致します。それ以外につきましてはアスピーテライン沿いの第2駐車場をご利用ください。

旅館前駐車場はロータリー状で、バス駐車スペースが確保されていない場合、特に中~大型バスは転回することができません。無理に進入し接触事故となるケースが相次いでおります。必ずロータリー手前にてスイッチバック頂き第2駐車場へ駐車してください。

※駐車場内にて発生した事故等について当館では一切責任は負いかねます。予めご承知おきください。

オートバイ用の駐車場はありますか?

専用駐車場は設けておりませんので白線にて明示された(4輪)自動車用枠内にご駐車ください。

立地の関係で駐車場が手狭な為、ロータリー路肩や施設店舗前など『白線枠外』に駐車して接触事故となった事例が複数ございます。大事な車両を守る為にも白線枠内への駐車や、混雑時の第2駐車場利用にご協力をお願いいたします。

※駐車場内にて発生した事故等について当館では一切責任は負いかねます。予めご承知おきください。

焼山への登山口はどこにありますか?

焼山への登山はアスピーテライン沿いの第2駐車場に駐車し、道路を挟んだ向かい側の後生掛温泉バス停脇からの入山するコースが分かりやすくおすすめです。

アスピーテライン沿いの後生掛温泉看板から当館へ至る細い道を入ってすぐ右手にもございますが、すぐに合流するため実質同じ道です。

後生掛の湯治建物内を通って焼山へ向かうような地図や山行記は全てかなり古い情報です。現在は利用できませんのでご注意ください。

その他

最寄の救急指定病院を教えてください

最寄の救急指定病院は下記となります。お車で約40分の鹿角花輪市街地には他にも複数の病院・薬局等がございます。

かづの厚生病院 TEL : 0186-23-2111

※鹿角市の夜間・休日診療は在宅当番医制となっております。詳しくは下記の市HPをご覧ください。

鹿角市/在宅当番医

日本秘湯を守る会の会員ですか?

立地は秘湯に属すると思われますが、当館は秘湯を守る会の会員ではございません。