季節感を大切に彩り美味しいお料理

愉しいご旅行に美味しいお料理は欠かせません。せっかく標高1000㍍の山の宿にお越しいただくからこそ、召し上がっていただきたい献立づくりを工夫するところから当館お料理の物語はスタートします。
秋田の郷土性を大切にしながら旅館料理の枠にとらわれない、美味しいお料理をご堪能いただくお食事です。

現在 お出ししているお料理の一例 【名残雪の膳】

春の到来に思いを馳せ、前菜をうぐいす仕立てにしました

根菜を東北地方では珍しい赤みそ仕立てにて。

サクっと軽い食感の牛カツ!ボリュームたっぷりですが、軽い食感にペロリとお召し上がりになれます

冬の名残りを表現した、心温まる煮物椀です

料理人が工夫を凝らし、今回の鍋料理は味噌バター仕立てにしました。お酒が進むこと間違いなしです

お食事の〆は明太子を使った大人の留肴にいたしました。辛口のお酒にもよく合います。

地元産品のわっぱを使って季節の美味しさをお伝えしたい

写真はイメージです

このわっぱは、地元で作られたわっぱです。ひとつずつ丁寧に手づくりされたもの。
お弁当箱のようで懐かしい感じが・・・。
当館では、夕食時のお食事をこのわっぱでお出ししています。お食事の内容は季節ごとに変わります。
地元産のわっぱを使って季節の美味しさをお伝えします。


 

連泊のお客様のお食事は、その日の新鮮な材料をもとに料理長お任せの献立となります

 


ご到着が遅くなる場合は必ず旅館までお電話くださいませ。何もご連絡がなく19時を過ぎて到着された場合、夕食をお出しできなくなる場合がございますのでご承知おきください

Please call our hotel when you will check in late. We are afraid we don't provide your
dinner when you arrive at our hotel over 7:00p.m without calling us .


安易に名物に流されることなく、春夏秋冬、暦に合わせたお料理を
大切にしたいからこそ・・・

<鹿角発祥のきりたんぽ鍋>

「秋田名物」と広く知れ渡っているきりたんぽ鍋。実は鹿角(かづの)が発祥です。明治時代に醤油仕立てのきりたんぽ鍋が発祥しました。当館では、本物のきりんたんぽを美味しく召し上がっていただきたいので、新米の時季のみお出ししています。
 

健康朝ごはん

朝食は和食膳でご用意しています。生野菜、肉じゃが、ひじきなどのお惣菜や、果物、牛乳などはビュッフェスタイルでのご用意です。
また、釜で炊き上げたご飯と鹿角産「淡雪こまち」の玄米粥をご用意しています。

※お料理内容は季節ごと及び仕入れの状況により変わります。写真は一例です

追加料理 ~ご宿泊3日前までお電話にてご予約ください~

牛の鉄板焼き
アツアツの鉄板でジューシーに焼き上げる和牛を自家製のタレでお召し上がりいただく追加料理は人気です。

<和牛の鉄板焼き 2,500円(税込)>

八幡平ポークの鉄板焼き
北東北の大自然ときれいな空気のもとで育まれたブランド豚「八幡平ポーク」は、脂にコクがありながらさっぱりした味わい。

<八幡平ポークの鉄板焼き 1,500円(税込)>

名残りの季節限定 特別料理
日本酒に合うお料理をご用意しました
>こちらをクリック

 

岩魚骨酒

骨酒と言えば「イワナの骨酒!」
丸ごと一匹じっくり焼いた岩魚を、熱々の日本酒に浸して飲む酒は絶品です。

2,200円(税込)
ご宿泊3日前までにお電話にてご予約下さい
 

創業100週年記念 後生掛温泉オリジナルビール

当館は2018年、創業100周年を迎えました。その記念として創ったのがこちら。
泡のきめが細かく、喉越しもスッキリ!と大好評です。
売店でも販売しています。

おんせんニュースさんでもご紹介いただきました


 

食物アレルギーのある方はご宿泊三日前までにお電話にてお申し出ください。可能な限り対応させていただきます