ホーム > お知らせ > 鹿角市の郷土料理ご紹介♪

鹿角市の郷土料理ご紹介♪

いつも後生掛温泉をご利用下さいまして誠にありがとうございます。
今回はここ鹿角市の代表的な郷土料理についてご紹介をさせていただきます。

・きりたんぽ

秋田名物「きりたんぽ」は、実はここ鹿角が発祥の地と言われており、
その昔、猟師やヤマゴと呼ばれる山での伐採や炭焼きを生業としていた人たちが
作業の合間に食した鍋が起源とも言われています。
鶏肉の出汁にたんぽ・舞茸・ごぼう・ねぎの入ったお鍋にして、
食べれば、今のこの寒い時期には身体の芯からあったまりますね。

・鹿角ホルモン

ホルモンをジンギスカン鍋で焼くという独特のスタイルで、
ニンニクとトウガラシベースのタレに漬け込んだ豚ホルモンに
大切りにしたキャベツをホルモンが見えなくなるほどのせて焼き上げます。
一口食べれば箸が止まらなくなってしまう程クセになってしまう味で、
食べるとスタミナがつき帰省客や観光客にも大人気のグルメです。

・けいらん

その名の通り、ゆでたまごのような形のお餅の入ったお吸い物です。
こしあん入りの餅を鶏卵に見立ててすまし汁に浮かべます。
秋の収穫祝いや結婚式、日常の夜食、来客向け、法事の際の精進料理など、
さまざまな場面で供されています。

いかがでしょうか?鹿角市へお越しの際はぜひ、召し上がってみてください。
従業員一同、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。